その他いろいろ

趣味の事とか色々と

映画 銀魂を観てきました

小栗旬主演で実写化された銀魂は当初スルーするつもりでしたが、勇者よしひこの監督が撮るとの事なので、見に行くことに。 銀魂自体は最初の数巻位しか読んでいない為、殆ど知らない状態でしたが、何というか想像以上のひどさで最高でした。 ノリはメタな発言などが多く、よしひこが好きな人なら楽しめるのではないでしょうか。 その他エリザベスをオバQ呼ばわりとか、楽に勝てる物が欲しいと言って赤い専用〇〇や、ゴム的な…

ローソンの艦これコラボでグッズをゲット

ローソンで艦これのコラボ企画が行われていたので、対象商品を購入してグッズをもらってきました。 対象のカップ焼きそば2個で貰えるクリアファイル。 綾波、敷波、神威が残っていたので、うちの艦隊で攻略艦隊から支援艦隊まで広く活躍している綾波にしようかとも思いましたが、前回のイベント海域で期限ぎりぎりまで粘って結局ゲットできなかった神威さんを願掛けの意味も込めてチョイス。 表面 対象のお菓子三個で貰える…

ROBOT魂 ブロッケン を購入しました。

Amazonのプライムセールを観ていたら、まだ未購入だったブロッケンが50%offで販売されていたので購入。 定価の50%なので、市場価格の千数百円安い位の価格でした。 セールで出荷が混んでいたのか、Amazonには珍しく3日後に到着。 NATO軍のレイバーでマンガ版ではドイツで開発されただけあって重厚な雰囲気が素敵です。 純軍事レイバーなのでマンガ、テレビでは殆ど出なかった火器が付属。 105…

ジャンク 60式自走無反動砲 を作成しました

静岡のホビーショーのアオシマブースで200円で購入したジャンクパーツの60式自走無反動砲を組み立てました。 60式自走無反動砲は既に退役済みの自走砲。 待ち伏せを考慮して作られているのに無反動砲の性質上一発撃つと敵に場所がばれるという仕様ですが、デザインが好みだったりします。 説明書が無いので、よく利用する某通販サイトで公開されている説明書を読みながら組み立て。 一両分有るかと思いきや、ごく一部…

復刻 ジャンプを購入しました。

ジャンプ50周年企画で3ヶ月連続で過去のジャンプが復刻されるという事で第一号を購入しました。 第一号はジャンプ創刊号と最大部数記録号のセット。 創刊号。 知っている漫画家は赤塚不二夫、永井豪、楳図かずお位です。 しかし、劇画風と普通のマンガが入り混じっているのは中々面白いです。 そして、時代が違うための注意書き。 現代ではアウトな表現があるようですが、あえてそのまま掲載との事。 いまは、本当に重…

フランス海軍 ジャン・バールを作成。

リシュリーとジャン・バールどちらを購入するか悩みましたが、見た目がジャン・バールの方が好みだったので、こちらを購入し作成しました。 ジャン・バールはフランスがドイツに降伏した時点で未完成で、 ボイラー6缶の内、1缶のみ実装。 主砲塔2基の内、1基のみ実装したが測距義未実装の為、照準つけられず。 その他電気系統など必要最低限の状態で、ドイツによる接収を逃れるため逃走。 逃走先で本来味方であるはずの…

劇場版 魔法科高校の劣等生を観に行ってました。

本来スルーする予定でしたが、特典が小説と聞いて見に行ってきました。 しかし調べてみると第一週も小説だった模様で失敗しました…。 話しは、テレビアニメ版ではやっていない来訪者編後のお話でテレビしか見ていない人には解らない登場人物がいるのではないかと思います。 内容はこの作品らしく「さすおに」全開で楽しめましたが、主人公の戦闘服の格好悪さだけは何とかしてほしかった…。 あと、SF的に見ると色々突っ込…

HMS ウォースパイトを作成しました。

去年末に再販されたのを購入してから積んでいたウォースパイトを作成。 ウォースパイトは第一次世界大戦時に就役。 就役直後に座礁し梶に不具合を抱えたまま第二次世界大戦に突入。 ナルヴィク海戦を初め大西洋、地中海からインド洋まで転戦し、第二次世界大戦の戦艦としては随一の武勲艦だと私は思います。 一番艦のクィーンエリザベスは曲線的な迷彩だったので塗装をあきらめましたが、こちらは直線的な迷彩だったので迷彩…

忘れたころにやってきた 艦これペンケース

かなり前の注文だったので忘れていた艦これの三越コラボの革製 ペンケースが届きました。 外箱 本体 三越ロゴ 艦これコラボマーク 5500t級軽巡のロゴ。 煙突が4本なのでおそらく川内型のどれか 取りあえず、中身にはビスト財団のボールペンと水木しげるボールペンを入れておこうかと思います

ウイッチャー3 いまさら始めました。

ウイッチャー3を買おうか悩んでいるとSteamでセールが始まり、ウイッチャーが半額になったのでDLCがセットになった物を購入。 洋ゲーは難易度が高いイメージなので、低めの難易度でプレイ。 戦闘だけを見ると色々勝手が違いますが、仁王よりも難易度が低く感じます。 しかしゲーム全体となるとウィッチャーの方が難しいと思います。 特にレベル上げがきつく、戦闘では殆ど上がらずクエストで得られる経験値頼りです…