その他いろいろ

趣味の事とか色々

ジャンク 橘型駆逐艦 橘を作成しました。

2回目に行ったピットロードのセールで購入した駆逐艦 橘を購入しました。


ちなみに橘の姉妹艦である駆逐艦 梨は戦時中に港付近で沈み、
戦後引き揚げ られて警備艦 わかばとして活躍し旧海軍籍の船で自衛隊の艦として使用された唯一の艦艇となっています。
そして、このキットにも わかば時代の艦橋などが付いていましたが、肝心の船体が海軍時代のデザインの為、使用できません。

ちなみにこの艦橋は静岡ホビーショーで購入したハセガワのジャンクあぶくまにアンテナマストが足りなかったので、そっちに流用しようかと思います。


そんなこんなで組立。
一部機銃などが足りませんでしたが、汎用の武装パーツで完成できました。

先の大戦では期待していた艦隊決戦が行われず、駆逐艦の主な任務は対空、対潜や護衛任務となった為、急造された駆逐艦。
艦隊決戦に向け、大型化された船体は、喪失分を早急に補う為、小型化し、製造工程も簡略化された為、戦闘力は特型や甲型の駆逐艦よりも劣りますが、必要な機能を最低限備えた程々な艦艇として、大戦後期を支えた名艦です。
もっと早くこっちの方向に舵を切れていればよかったと思います。


駆逐艦 雪風と海防艦 占守との比較。

雪風に比べると結構小さいですが、それでも海防艦よりは大きい感じです。


建造簡略化について一番解りやすいのは艦首だと思います。
雪風は艦首が複雑で優美なカーブを描いていますが、橘を初めとした丁型駆逐艦は直線となっています。

個人的にはこのスッキリしたラインが好みです。


松型、橘型などの丁型駆逐艦は32隻と大量に建造され、雑木林と呼ばれていましたので、最低でも5隻位あった方が、それっぽさが出せそうです。
また機会があればまたジャンクで買い足したいです。


ピットロード 1/700 日本海軍 駆逐艦 橘 W77
ピットロード 1/700 日本海軍 駆逐艦 橘 W77
ピットロード・Amazonアソシエイト
Hobby